日常

あずき茶の作り方

こんにちは。まめきちです。

今日は皆様に、ミュージアムレストランでもご提供してお客様に

ご好評いただいている「あずき茶」の作り方をご紹介いたします

 

作り方

➀ 市販のあずき15gを水洗いします。

 

② 鍋に入れて中火で炒ります。洗った水分がなくなってから、

約15分間、香ばしいかおりがしてくるまで、じっくり炒ってください。

 

③ ざるなどにあげて、冷まします。冷めるまで時間がかかるので前日に炒って、

一晩置いておいても大丈夫です。

 

④ 茶葉用の袋などに炒った15gの小豆を入れて、鍋の中に入れ、

水を500ml注ぎます。

 

⑤ 火にかけて、沸騰したら中火の弱火にし、約20分間煮出していきます。

濁るとエグみが出るので、煮すぎないように注意してください。

 

火を止めてから少し粗熱がとれると、きれいなあずき色のお茶が完成します

鼻に抜ける小豆の香りに癒される、美容にも健康にも良い

あずき茶の出来上がりです

炒った豆は作り置きもできるので、皆さんもチャレンジしてみてください

 

ミュージアム通信「あずきのとびら」では、ヤブツルアズキの

あずき茶もご紹介しています。

あずきミュージアム受付でご自由にお持ち帰り頂けますので、

ぜひ読んでみてくださいね

白鷺

こんにちは。まめきちです。

ミュージアムの庭園に2種類の白鷺が遊びに来てくれました

image1

こちらは「コサギ」という種類の鷺のようです。

image3

くちばしと足が黒く、全長60センチ位で夏になると頭に「冠羽」という

二股の特徴的な羽が生えるそうです。青空に真っ白な羽が美しいですね

image2

こちらはおそらく「チュウサギ」。全長80センチくらい。

冬場はくちばしが黄色く、夏になると黒いくちばしに変化するそうです

 

「姫路城」は美しい漆喰の白壁から「白鷺城」とも呼ばれますが、実は「白鷺」

というのは「白いサギ」の総称だそうです。

日本では主に「コサギ」「チュウサギ」「ダイサギ」の小、中、大の白いサギを

見ることができるようです。

街中で種類の違うサギを見る機会がなかったので、くちばしの色が夏冬で違う

なんて調べてみてびっくり

羽の白色も光沢があって、白壁の美しさを「白鷺」と表現する事に心から納得です

 

皆様もミュージアムの庭園に、かわいい鳥たちに会いに来てください

あずきミュージアムの秋

こんにちは。まめきちです

そろそろ紅葉がはじまり、山々も彩り豊かになってきましたね。

あずきミュージアムの木々も、少しずつ色づいてきています

IMG_8070[1]

ヤマモミジコハウチワカエデが綺麗に紅葉しています。

IMG_8072[1]

イロハモミジも緑から赤へのグラデーションが綺麗に見えます。

 

秋に咲くかわいい花たちも彩を添えています。

IMG_8076[1]

こちらは野の花広場に咲くササリンドウ

IMG_8075[1]

ツワブキも庭園や野の花広場で満開を迎えています。

 

 

「紅葉狩り」の「狩り」は「鑑賞する」という意味で使われていますが、

平安時代は実際に枝をすこし折って、掌に乗せて鑑賞した歴史もあるようです

「秋のミュージアム」を散策して、同じように紅葉を見ていた遠い遠いご先祖に

想いを馳せてみませんか