日常

ひめじぐるめらんど

こんにちは!まめきちです

桜も満開を過ぎ、もうすぐ二十四節気の「穀雨」。

これからは田畑を潤す、春雨の季節ですね

 

さて、本日は姫路大手前公園にて4月6日(金)~8日(日)まで行われた

毎年恒例の「ひめじぐるめらんど」のご報告です。

あずきさんの出勤日は残念ながら午後から雨となってしまいましたが

あずきさんはたくさんの方々と触れ合えて、とっても楽しかったそうです

お友達もたくさんできたみたいです。

みんなに小豆の良さを熱く語ったあずきさんなのでした

 

あずきミュージアムでは例年より少し早く「淡墨桜」が満開です。

「淡墨桜(うすずみざくら)」は江戸彼岸桜の一種です。

つぼみの時は薄紅色、満開の時は白色、散り際には淡墨色になることが

命名の由来だそうです。

晩春の桜を、ぜひあずきミュージアムでゆったりとご覧ください。

ミュージアム庭園の紅葉

こんにちはまめきちです。

あずきミュージアム庭園のもみじや楓が美しく色づいています

青い空に赤いフウの葉がきれいです

あずきさんも美しい紅葉をみて大喜びです

今年は例年よりも紅葉が早く、この風景もそろそろ見納めです。

ぜひ、秋の「あずきミュージアム」へお越しください

あずき茶の作り方

こんにちは。まめきちです。

今日は皆様に、ミュージアムレストランでもご提供してお客様に

ご好評いただいている「あずき茶」の作り方をご紹介いたします

 

作り方

➀ 市販のあずき15gを水洗いします。

 

② 鍋に入れて中火で炒ります。洗った水分がなくなってから、

約15分間、香ばしいかおりがしてくるまで、じっくり炒ってください。

 

③ ざるなどにあげて、冷まします。冷めるまで時間がかかるので前日に炒って、

一晩置いておいても大丈夫です。

 

④ 茶葉用の袋などに炒った15gの小豆を入れて、鍋の中に入れ、

水を500ml注ぎます。

 

⑤ 火にかけて、沸騰したら中火の弱火にし、約20分間煮出していきます。

濁るとエグみが出るので、煮すぎないように注意してください。

 

火を止めてから少し粗熱がとれると、きれいなあずき色のお茶が完成します

鼻に抜ける小豆の香りに癒される、美容にも健康にも良い

あずき茶の出来上がりです

炒った豆は作り置きもできるので、皆さんもチャレンジしてみてください

 

ミュージアム通信「あずきのとびら」では、ヤブツルアズキの

あずき茶もご紹介しています。

あずきミュージアム受付でご自由にお持ち帰り頂けますので、

ぜひ読んでみてくださいね