小豆博士のガイドツアー

こんにちは、まめきちです

少し春らしい日差しが感じられるようになってきました

暦の上でも「啓蟄」を迎え、土の中から虫たちが顔を出してくる季節ですね

 

さて、今回は「小豆博士のガイドツアー」のお知らせです。

 

小豆博士のガイドツアー 

■講師 あずきミュージアム シニアキュレーター

元北海道大学教授 農学博士 由田 宏一先生

■日程

3月18日()    ①11:00~12:00  ②13:30~14:30

3月19日()    ①11:00~12:00  ②13:30~14:30

3月20日(月・祝)  ①11:00~12:00  ②13:30~14:30

■対象:当日ご入館のお客様

■申込方法:当日開始時間10分前までに、

あずきミュージアム1F受付にてお申し込みください。

■持ち物:筆記用具、ノート

11月ガイドツアー

前回のガイドツアーの様子(2016年11月)

 

3月20日は「春分の日」。太陽が真東から上り、春分点を通過します。

昔から「春分」は春の真ん中の日で、この日を境に「冬の気」が全く去り、

春となると言われています。

植物について少し疑問に思っていること、気になること、

小豆博士に質問してみませんか?

質問の「種」が春の暖かな日差しで「花」になってお帰り頂けるかもしれませんよ

白鷺

こんにちは。まめきちです。

ミュージアムの庭園に2種類の白鷺が遊びに来てくれました

image1

こちらは「コサギ」という種類の鷺のようです。

image3

くちばしと足が黒く、全長60センチ位で夏になると頭に「冠羽」という

二股の特徴的な羽が生えるそうです。青空に真っ白な羽が美しいですね

image2

こちらはおそらく「チュウサギ」。全長80センチくらい。

冬場はくちばしが黄色く、夏になると黒いくちばしに変化するそうです

 

「姫路城」は美しい漆喰の白壁から「白鷺城」とも呼ばれますが、実は「白鷺」

というのは「白いサギ」の総称だそうです。

日本では主に「コサギ」「チュウサギ」「ダイサギ」の小、中、大の白いサギを

見ることができるようです。

街中で種類の違うサギを見る機会がなかったので、くちばしの色が夏冬で違う

なんて調べてみてびっくり

羽の白色も光沢があって、白壁の美しさを「白鷺」と表現する事に心から納得です

 

皆様もミュージアムの庭園に、かわいい鳥たちに会いに来てください

あずき博士のガイドツアー

寒い日が続き、インフルエンザが大流行していますが、

皆さまご体調は大丈夫でしょうか?

こんにちは、まめきちです

 

さて、今回は明日からの小豆博士によるガイドツアーのお知らせです。

 

小豆博士のガイドツアー 

■講師 あずきミュージアム シニアキュレーター

帯広畜産大学名誉教授  農学博士 沢田 壮兵先生

■日程

2月11日 () ①11:00~12:00  ②13:30~14:30

2月12日()    ①11:00~12:00  ②13:30~14:30

2月13日(月)    ①11:00~12:00  ②13:30~14:30

■対象:当日ご入館のお客様

■申込方法:当日開始時間10分前までに、

あずきミュージアム1F受付にてお申し込みください。

IMG_7801-2

前回のガイドツアーの様子(2016年9月)

 

沢田先生は学生時代には水稲の研究をされ、その後小豆をはじめとする

畑作物に関する研究をされました。

小豆だけでなく、幅広い質問に答えてくださいます。

 

四季折々の植物や作物など、先生のお話を聞いて発見があれば、

春の訪れも自然の中から、いち早く見つけることができるかもしれませんね

寒い冬、外に出るのが億劫ですが、この機会にミュージアムでゆったりと

あたたかい学びの時間をお楽しみください